【2022年版】最初に手にしたいノートパソコンは?エントリーモデルおすすめ10選

ツール
ねこ
ねこ

ノートパソコンが欲しいけどみんな何を基準に選んでるの?

こんにちは!くまねこ(@kumablo_life)です。

ノートパソコンを最初に買う時、何を基準に選べばいいのかわからない方が多いのではないかと思います。くまねこもブログを始める時、最初は何を基準に選べばいいのかわかりませんでした。

今回はこれから初めてノートパソコンを買おうという方向けにおすすめのノートパソコンをご紹介します。

くまねこ
くまねこ

この記事ではノートパソコンの基本的なスペックの見方と最初におすすめの1台の選び方がわかるよ

この記事はこんな方におすすめ

✔︎ 最初のノートPC選びで困っている人
✔︎ PCが欲しいけどあまり詳しくない人
✔︎ エントリーモデルを探している人

1.ノートパソコンのOSの種類

OSとはオペレーティングシステムの略で、パソコンのエンジンに当たります。ご存じの方も多いかと思いますが、おすすめのノートパソコンを見ていく前にまずはOSの種類をおさらいしておきましょう。

OSはもう決まっているという方や知っているよという方は読み飛ばしちゃってください。

ご存じの方も多いかと思いますが、ノートパソコンには複数のOSの種類が存在します。

ノートパソコンのOSの種類

ブログ用でノートパソコンを購入する場合、「これじゃなきゃダメ!!」というわけではありませんので、基本的には好みに分かれるところです。ただし、使いづらいものを選んでしまうとブログを作るのも億劫になってしまいます。ここではOSの特徴についてそれぞれ解説していきますので、ぜひOSに迷った際の参考にしてみてください。

① Windows OS(Microsoft)

Windows OSはMicrosoftが開発したOSで多くのパソコンメーカーに使用されています。世界一のシェアを誇るOSで、企業のみならず学校でも使用されています。Windows OSでしか使用できないソフトウェアも多く、ビジネスでの使用には欠かせない存在です。

とくにOSにこだわりがない場合はWindowsを選んでおけば間違いないでしょう。

くまねこ
くまねこ

くまねこも最初の1台はWindows OSのノートパソコンだったなぁ

仕事でも使っていたから安定して使いやすかったよ

② Mac OS(Apple)

Mac OSの特徴

Mac OSはiPhoneでもお馴染みAppleが開発したOSです。動画編集やイラスト描画、音楽編集などのソフトが揃っており、クリエイティブな方におすすめですが、iPhoneやiPadの連動性が高いので、それらを使用している方にも最適です。

Mac OSを搭載したMacBookは携帯性にも優れているので、自宅外やオフィス外での活動が多い方に向いています。

くまねこ
くまねこ

くまねこの今の愛機はMacBook、バタフライキーボードは薄くて早打ちに向いているから実はブログ書くのにもちょうどいいんだ

③ Chrome OS(Google)

ChromeOSの特徴特徴

Chrome OSはGoogleが開発したOSです。Androidスマホと同じアプリが使用できるのが特徴的です。Chrome OSを搭載したChrome Bookは低価格帯で提供されており、非常にコスパが良いのが魅力的です。

Googleが提供されるサービスのみが使用できますが、最初に選ぶ1台としては申し分ないと言えます。ネットの閲覧やSNS運用程度の使用であれば、十分に使用できます。

Android端末との連動性もあるので、Androidスマホを使用している方にもおすすめです。

くまねこ
くまねこ

一時期Chrome Bookも使っていたけどGoogle Playも使用できるからAndroidスマホとの互換性は抜群!

2.ノートパソコンの選び方

最近ではノートパソコンは比較的低価格のモデルもありますが、決して安い買い物ではないので最初の1台は慎重に選びましょう。選ぶ基準としては以下の通りです。

以上の項目を基準にして、使用目的に合わせて選ぶことをおすすめします。

① 重さとサイズ

持ち運びを前提として考えるのであれば、重さとサイズはとても重要です。以前、画面が大きくて重いノートパソコンを使用していた時は持ち運びにかなり苦労しました。頻繁に持ち運びするのであれば軽くて比較的コンパクトなサイズをおすすめします。重量は1kg前後で、サイズは13〜14インチがおすすめです。

ただし、あまり持ち運ばず自宅などで使う場合にはある程度の画面の大きさがあった方が見やすい場合もあります。

もし、持ち運ぶようであれば、13インチ程度のものをおすすめします。

くまねこ
くまねこ

くまねこは13.3インチのMacBookを使用してるけど、毎日職場に持っていってるよ!

② CPU性能

CPUとはパソコンでの計算処理や制御を行う頭脳のようなものです。CPUの性能が高いほどパソコンの処理速度が上がります。IntelのCore iシリーズが有名で、Windows OSのノートパソコンやMacBookにも搭載されています。

「Core i9 11980HK」のように表されますが、数字が高いほど性能が高いということになります。末尾のアルファベットにも意味があり、YやUがつくものは省電力タイプで、Hがつくものはパワーがあります。

③ バッテリー駆動時間

外出先で頻繁に使う場合、最も大事になるのがバッテリー駆動時間です。常に電源が確保できれば問題ないのですが、電源のない場所でも作業しなければならない場合もあります。

8時間以上駆動できるものであれば、電源がない状態でも安心して作業することができます

④ メモリ

メモリとは言ってみれば作業台のようなものです。いくらCPUが高性能でも作業台(メモリ)が狭ければ、スムーズにパソコンを動かすことができません。

逆にメモリが大きければ大きいほど、パソコンの処理速度も向上します。快適に使用したいのであれば、8GB以上のものがおすすめですが、動画編集などの作業をされる方には16GB以上のものをおすすめします。

⑤ ストレージ

ストレージは簡単にいうとソフトウェアや画像などを保存するための保存容量のことです。HDDとSDDの2種類に分かれます。

HDDは価格が安く、データ容量が大きいのが特徴ですが、データへのアクセス速度が遅いといった面もあります。SDDは価格が高いですがデータへのアクセス速度が速いのが特徴的です。ただし、データ容量が小さいといった面もありますがクラウドが主流になってきている今ではデメリットとは言えないでしょう。

⑥ グラフィック性能(GPU)

GPUとは3Dグラフィックなどを処理するためのパーツのことです。ゲームや動画編集をする方には搭載しているモデルをおすすめします。ただし、インターネットの閲覧やブログなどで使用する場合は、未搭載モデルでも問題ありません。

3.ノートパソコンおすすめ10選

●Mac OSを体験するならMacBook Airがおすすめ

Windowsが普及している今、最初に触れるOSがWindowsという方も多いので、Mac OSに触れる機会も少ないと思います。MacBook Airであれば価格もそこまで高価ではないので、Mac OS入門の1台としては最適です。

また、CPUにはApple独自のM1チップ搭載しており、動画編集などの作業も軽快にこなすことができます。バッテリー駆動時間も非常に長く、外出先の作業に安心して使用できます。

●携帯性に優れた軽量モデルSurface Go 3

Surface Go 3は10.5インチと小ぶりな画面で、重量も0.54kgと非常に携帯性に優れています。タブレットとしてもノートパソコンとしても使用できるモデルです。

別売りのSurfaceペンを使えば、絵を描くこともできるので小さなお子さんがいる方にも最適なモデルです。

●ちょっとした作業におすすめChromeBook IdeaPad Duet

低価格ながら軽快に作動するLenovoのIdeaPad Duetはタブレットとしても使用できるのでちょっとした作業に最適です。

10.1インチと非常に小型なので、ビジネスユーザーだけではなく学生の方にもおすすめです。128GBのSSDも搭載しているので画像や資料の保存も可能です。

●大画面でコスパ最強の家庭用ノートパソコンInspiron

家庭で使うのであればやはり大画面がおすすめですが、あまり大きすぎると使いづらくもなります。その点、DellのInspironであれば14インチの画面なので程よい大きさの画面です。14インチであれば大きすぎないのである程度の携帯性があります。256GB SSD搭載で8万円台とコスパも申し分ありません

●外でも中でも全てが万能!HP ENVY

HPのENVY13インチモデルならフル充電稼働時間が15時間と非常に優秀で、30分の充電で8時間分の充電ができるという充電時間の短さも魅力的です。

360°に回るディスプレイも動画の閲覧などで非常に役に立ちます。4,096段階の筆圧検知もついているのでイラストの描画などにも向いています。

●とにかく速いパソコンであればASUS X545FA

コストパフォーマンスは抜群で低価格ながら立ち上がりも速く、大抵の作業はスムーズにこなせます。SSDが512GB、メモリが16GBと非常に優秀なモデルです。

バッテリー駆動時間が6.7時間なので外出先での使用には少し心もとないかもしれませんが、画面のサイズ的にも少し大きめの機種なのでご家庭での使用に適しているかと思います。

●指紋認証機能を搭載した優秀モデルdynabook Sシリーズ

持ち運びしやすい13.3インチのサイズでさらに指紋認証機能も搭載しているので、外出先で使用したい方にはおすすめです。バッテリーの駆動時間も10時間となっているので、安心して外出先でも利用することができます

●スマホのような機動力LIFEBOOK CHシリーズ

LIFEBOOKの特長としては非常に軽量であり、持ち運びがしやすいという点です。また有機ELディスプレイを搭載しており、ハイコントラストな綺麗な映像を楽しむことができます。デザイン・質感にもこだわっており、シンプルながらおしゃれな1台となっています。

スリープ状態でもネット回線の接続などが切れることのないモダンスタンバイを採用しているので、スマホのようにさっと取り出せて使うことができます。

●有機ELディスプレイが美しいVivo Book Pro

色彩鮮やかな有機ELディスプレイを搭載し、14インチというサイズは家での使用にも外で持ち運んで使うのにもちょうど良い大きさです。またディスプレイの反応速度も速く、くっきりとした鮮明な映像を映し出すことができます。

ブルーライトも削減された画面は目にも優しく、大容量バッテリーも搭載しているので入門機としてはこれ以上ないくらいに優秀なモデルとなっています。

●ゲーミングノートパソコンであればDELL G15

DellのG15は他社のゲーミングノートパソコンと比べて圧倒的に価格が安く、コストパフォーマンスの高い製品となっています。ゲーミングノートパソコンというと静音性が重要となりますが、通常のノートパソコンと同じレベルで特にうるさいということもありません

画質も非常に鮮明で、画面の書き換えも1秒間に最大120回と非常に滑らかな映像を映し出すことができます。

まとめ

ノートパソコンは価格がピンからキリまであるので、最初の1台を選ぶのに迷うこともあるかと思います。ぼくも最初は非常に安価な聞いたこともないようなメーカーのモデルを使用していましたが、処理速度が遅く、結局数ヶ月程度で買い替えることになりました。そうならないように最初の1台はしっかりと見極めが必要だと思います。

パソコンを選ぶ基準としては以下の通りです。

●OSは使用しているスマホや使い方で決める
●CPU性能とメモリ、ストレージはやりたいことで決める
●重量とサイズは使いたいシーンで決める

ぜひ、皆さんのパソコン選びの参考になれば嬉しく思います。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました