【2022年版】Bluetoothマウス(ワイヤレスマウス)おすすめモデル10選

ツール
ねこ
ねこ

マウスのケーブルがグチャグチャになって困ってるんだけど・・・

こんにちは!くまねこ(@kumablo_life)です。

PCで作業しているとマウスのケーブルが邪魔に感じることってありませんか? 動きが制限されたり、ケーブルにぶつかって思ってもみないところをクリックしてしまったり、作業効率が悪くなることがあります。

というわけで今回はワイヤレスマウスの中でも特に人気のBluetoothマウスについておすすめを紹介していきます。

くまねこ
くまねこ

こちらの記事ではBluetoothマウスの人気モデルを紹介していくよ

1.Bluetoothマウスと2.4GHzワイヤレスマウスの違い

2.4ギガヘルツワイヤレスマウス

Bluetoothマウスを購入する際に、気を付けなければならないのが2.4GHzワイヤレスマウスと間違わないようにしなければならないことです。

2.4GHzワイヤレスマウスとはドングルと呼ばれるレシーバーを受信機をUSBポートに差し込んで接続するマウスのことです。2.4GHzワイヤレスマウスもケーブルがないので、Bluetoothマウスと使い勝手はほとんど変わりませんが、USBポートが1つ占有されてしまうというデメリットがあります。

Bluetoothの場合は、レシーバーがPCに内蔵されているのでUSBポートを使わずに使用することが可能です。

2.Bluetoothマウスの選び方

Bluetoothマウスは同じ価格帯であってもたくさんの種類があります。いざ購入しようとなったとき、迷ってしまわないように選び方の基準を見ていきましょう。

Bluetoothマウスの選び方

形状で選ぶ
読み取り方式で選ぶ
電源方式で選ぶ

① 形状で選ぶ

Bluetoothマウスの形状を大まかに分けると「スタンダード」「エルゴノミクス」「トラックボール」の3つに分類されます。それぞれの特長を見ていきましょう。

スタンダード

スタンダードタイプは誰もが使用したことのあるオーソドックスな3ボタンタイプのマウスです。有線マウスが主流であった頃からの馴染み深い形状なので、購入に迷うようであればまずはスタンダードタイプを選んでおけば間違いないでしょう。

スタンダードタイプは細かい作業に向いていますが、手首を使うため長時間の利用は疲れてくるという方もいます。

エルゴノミクス

エルゴノミクスタイプは人間工学に基づいて設計されており、極力手首の負担を減らしたデザインになっています。

独特な形状・デザインとなっており、肩こりや腱鞘炎の予防・軽減してくれるので、長時間のPC作業を行う方に最適です。

トラックボール

トラックボールマウスとは、側面にトラックボールと言われるポインタを動かすためのデバイスが搭載されたマウスのことです。

側面のボールでポインタを動かすため、マウス本体を動かす必要がなく、最小限のスペースで使用することが可能です。また、手首への負担も軽減してくれるので、こちらも長時間作業をする方に向いています。

② 読み取り方式で選ぶ

マウスの読み取り方式は重要で、デスク以外の場所でもしっかりと読み取ってくれるか、しっかりと確認を行いましょう。

光学式

光学式は最もオーソドックスなタイプで赤色LEDを搭載しています。価格も安いのが特徴ですが、透明なガラス面や光を反射する光沢面では読み取らなかったり、誤作動を起こすこともあります。ただし、マウスパッドさえあれば、使用場所を確認した上で購入することをおすすめします。

レーザー式

レーザー式は、読み取り精度が非常に高く光沢面でも使用することができます。細かい作業を求められる方、特にPCでゲームなどをする方におすすめです。値段は光学式と比ベて高価ですが、精度が非常に高いのでコストパフォーマンスは悪くないと言えます。

③ 電源方式で選ぶ

Bluetoothマウスには充電式と電池式の2種類の電源方式があります。それぞれメリット・デメリットがあるので詳しく見ていきましょう。

充電式

充電式のメリットはなんと言っても電源さえあればどこでも使えるということです。また、たいていUSBケーブルによる充電式なので、PCに繋げて充電しながら使用することもできます。ただし、充電ケーブルを持っていない場合、電池切れを起こすと使えなくなるので注意が必要です。

電池式

電池式の特徴は電池切れを起こしても電池さえあれば充電ケーブルを使用することなく使えるという点です。一回の電池交換で最長10数ヶ月使用できるものも多く、急な電池切れの心配がありません。ただし、電池を持ち歩かなければいけないということと使用ずみの電池を廃棄しなければならないという点では少なからず手間と言えるでしょう。

3.おすすめのBluetoothマウス10選

|ロジクール MX MASTER3s アドバンスド ワイヤレス マウス

1秒間に1000行ものスクロールが可能な超高速スクロールホイールを搭載した高性能マウスです。クリック音を90%カットした静音モデルで周りを気にせずに使用することができます。専用のアプリケーションを使えば4つのボタンに好みの機能をカスタマイズすることも可能。仕事の生産性を高めたいという方にはおすすめのモデルです。

|サンワサプライ エルゴノミクスマウス MA-ERGBT11N

こちらのマウスは上から手のひらを乗せるのではなく、横から手を添えて使う設計となっているので手首の捻りが軽減され、長時間マウスで作業をされる方でも手首に負担がかかりません。また、カーソルの速度を3段階に変更することができるので用途に合わせて使用することができます。静音設計となっているので深夜の作業などにも最適です。

|ロジクール MX ANYWHERE 3 

こちらもロジクールのMXシリーズのANYWHERE3、充電式で1分の急速充電で最大3時間、2時間のフル充電で最大70日間の使用が可能。1秒で1000行のスクロールできる電磁式スクロールホイールを搭載し、超高速でありながら1px単位での精確なカーソル操作が可能です。持ち運んで使う方におすすめです。

|エレコム Bluetoothマウス M-BY11BRBK

こちらは3ボタン式のオーソドックスなタイプのBluetoothマウスです。電池式ですが約10ヶ月間電池交換なしで使用することができます。また電池を入れても重量が67gと非常に軽量で、長時間使用しても疲れませn。抗菌加工がされているので清潔なまま安心して使用することができます。

|Microsoft Surface モバイルマウス

Surfaceを使っているならぜひデザインを合わせて使いたいのがSurfaceモバイルマウス。非常に軽量で持ち運びしやすく、一回の充電で12ヶ月間使用できるので外出先などでの使用も安心です。強化されたホイールは滑らかで自然なスクロールが可能となっています。

|Microsoft Arc Touch(アークタッチ)

個人的におすすめしたいのがMicrosoftのアークタッチ。不思議な形のデザインをしていますが、電源オフの時はフラットな状態で、電源をオンにするときに折り曲げて手のひらにフィットする形になります。フラットな状態ではかなり薄型になるので、ノートPCなどと合わせて持ち運んで使う方には最適なモデルです。

|Razer DeathAdder V2 Pro

RazerのDeathAdderといえば全世界で1000万台以上販売され、多くのゲーマーに愛されるゲーミングマウスです。サイドボタンが大きくて押しやすく、多くのキー入力を必要とするゲームには最適なモデルです。重量も88gと軽量なので、ゲームで使用する方にはおすすめのマウスです。

|ロジクール ゲーミングマウス G703h

こちらはロジクールのベストセラーゲーミングマウスで、プロ選手にも使用されています。トラッキング精度が非常に高く、バッテリー駆動時間も60時間と安心して使用することができます。また、ワイヤレスでありながらレスポンススピードが速く、ストレスなくゲームに熱中できます。価格も手頃でコストパフォーマンス抜群のモデルです。

|ロジクール ワイヤレスマウス M575S

ロングセラーであったこちらのトラックボールマウスが10年ぶりにアップデートされて戻ってきました。トラックボールの動きもさらに滑らかなものとなり、自然な動きを実現しています。また、以前からホールドしやすいと言われていたデザインはそのまま踏襲されているので、以前からトラックボールマウスを使用していたという方にも、これから使ってみたいという方にも最適なモデルです。

|Apple Magic Mouse

¥10,364 (2022/07/05 20:14時点 | Amazon調べ)

MacやMacBook、iPadなどで使用したい場合におすすめなのが、Appleの純正品であるMagic Mouseです。ボタンもスクロールホイールもなく、感圧式でまたスクロールはタッチパッドのように使用することができます。充電口が底面についおり、多少クセのあるデザインとなっておりますが使いやすさは抜群です。Appleユーザーで直感的な操作をしたい方におすすめです。

まとめ

さて、今回はBluetoothマウスについておすすめモデルをご紹介しました。Bluetoothマウスは非常に種類が多いので、ぜひ今回の記事が参考にしてみてください。もちろんおすすめの中から購入してもらえればとても嬉しく思うのですが、気に入ったデザインなどで選ぶのも良いと思います。

ただし、Bluetoothマウスの選ぶ際には、中には2.4GHzタイプの商品も多く出てくるので、購入の際にはご注意ください。また、電池式や充電式などの違いも分かりづらい場合があるので、商品のレビュー欄などの確認もおすすめします。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました