NFT(エヌエフティー)とは何か? 今注目のキーワードを初心者にもわかりやすく解説!

ビジネス
ねこ
ねこ

NFT(エヌエフティー)って流行ってるの?

こんにちは!くまねこ(@kumablo_life)です。

NFT(エヌエフティー)という言葉を最近よく聞くかと思います。NFTはいま最も注目されているキーワードです。日本でもVRアートに高値がついたなどのニュースも聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、NFTがアートの売買だと勘違いしている方も多いのではないかと思います。

こちらの記事ではNFTについて基本の意味から詳しく解説していきます。

くまねこ
くまねこ

この記事を読むとNFTの基本からブロックチェーンの知識までしっかり身につくよ!

1.NFT(エヌエフティー)とは?

NFTとはNon-Fungible Token(ノン・ファンジブル・トークン)の略で、直訳すると非代替性トークンという意味になります。

トークンとはブロックチェーン上で発行されるデジタルデータのことであり、今流行りの暗号資産(仮想通貨)などもトークンの一種です。ただし、仮想通貨は同じ通貨内で交換が可能なのでFungible Token(ファンジブル・トークン=代替性トークン)となります。

NFTは非代替性(=「替えの利かない」「唯一の」)トークンとなるわけですが、替えの利かない唯一無二のデジタルデータとはどのようなものなのでしょうか。

① 非代替性とはどのようなものなのか

たとえば、非代替性を持つものとして身近なものでは下記のようなものが挙げられます。

例)非代替性のあるもの
● 作家の直筆サイン入りの本
● 有名な画家な原画

これらをもし複製したとなると、偽造品なので価値はつきません。

しかし、デジタルデータの場合、たとえばイラストを描いてインターネット上にアップロードしたとしてもコピーされてしまえばどれが本物のデータなのか証明することができません。

ここで重要になってくるのがブロックチェーンというわけです。

② NFTとブロックチェーン

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンはビットコインの開発時に生まれたものであり、全ての所有者情報や取引履歴を暗号化して参加者みんなで管理しようという技術です。

これによりたとえ一部がエラーを起こしたり、データ改ざんをされたりしても、全体的な影響はなく、情報が安全に保全されるという仕組みです。

NFTも同様にブロックチェーンで管理されることにより、複製や改ざんなど危険性から安全性が担保されます。このNFTをデジタルデータに紐づけることによって、唯一無二のデジタルデータとしての価値が保全されるわけです。

↓↓ブロックチェーンの詳しい解説はこちら↓↓

2.NFTの収益化の仕組み

NFTの仕組み図顔

NFTの収益の仕組みとしてはまず著作権者(アーティスト、クリエイターなど)がNFTを発行し、作品(デジタルデータ)に紐づけてマーケットプレイスに出品します。出品された作品が購入されると支払は仮想通貨で行われます。

作品を購入した購入者が二次流通(転売・譲渡)などを行うことによって、さらにロイヤリティが著作権者に対して支払われます。

これがNFTの収益化の一般的な仕組みとなっています。

NFTで使用される暗号資産(仮想通貨)

NFTでは、主にイーサリアム(ETH)が使用されます。現在では暗号資産を保有していない場合、NFTを始めることはできません。まずはGMOコインやコインチェックなどの暗号資産取引所でイーサリアムを購入しなければなりません。

暗号資産取引所はコインチェックがおすすめです。コインチェックは初心者でも使いやすく500円から暗号資産を購入することができます。まずはコインチェックで口座開設を行いましょう。

3.NFTの具体例

NFTというと絵画やイラストなどのアートがメインと思う方も多いのではないかと思います。しかし、デジタルデータであれば、どんなものでも価値を生み出す可能性があります。

ここではこれまでどのようなものがNFTとして価値を持ったのか、見ていきましょう。

● NFTとツイート

Twitterの創業者であるジャック・ドーシー氏の初ツイートが、日本円にしておよそ3億円で落札されたというニュースはご存じの方も多いのではないでしょうか。このようにツイートといったものにこれまで価値がつけられなかったものに対し、NFTを紐づけることによって価値を持たせることができます。

● NFTと楽曲データ

スペースXの創設者でもあり、テスラの共同創設者でもあるイーロン・マスク氏が楽曲データを含むツイートをNFTマーケットプレイスに出品したという話もかなり有名ですよね。1億円ほどの入札がありましたが、結局出品は取り下げられましたが、このように楽曲データもNFTの対象になります。

● NFTとVRアート

VRアートというとあまりなじみがないかもしれませんが、VR空間に3Dで描かれた絵のことであり、すでに第一線で活躍するクリエイターも存在します。そのうちの一人であるVRアーティストのせきぐちあいみさんの描いたVRアートがNFTマーケットプレイスで1300万円で落札されています。

これまでデジタルデータとしてしか機能しなかったものに新たな価値が生まれるという、NFTとしては大きな意義になったかと思います。

4.NFTのメリット・デメリット

ここまでNFTの概要や仕組みについて解説してきました。NFTは今後急成長してくるであろう分野であり、興味を持つ方も多いかと思いますが、ここでメリット・デメリットについてしっかりと整理しておきましょう。

① NFTのメリット

NFTのメリットをまとめると、以下の通りとなります。それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

NFTのメリット

唯一性の価値が証明できる
破損や紛失の恐れがない
誰でも取引ができる

唯一性の価値が証明できる

NFTは冒頭でも解説したように、ブロックチェーン上に全ての所有権・取引履歴が記載されています。ブロックチェーンの特性上、改ざんや複製ができないため、デジタルデータに一点ものの価値を付与することが可能です。NFTは言ってみれば鑑定書のようなものなので、資産価値としても十分に期待することができます。

破損や紛失の恐れがない

破損や紛失の恐れがないというのもブロックチェーンの特性によるものですが、ブロックチェーンは管理者が集中管理を行うわけではなく、全ての参加者によって全てのデータが分散的に管理されています。そのため、一部でシステムエラーが発生したとしても他の参加者がデータを保持しているため、データが破損することは理論上あり得ないというわけです。紛失のリスクにおいても同様のことが言えます。

誰でも取引できる

NFTは作品などのデジタルデータがあれば誰でも販売をすることができます。また、イーサリアム(ETH)を保有していれば購入することも可能です。つまり、インターネットさえあれば誰も取引ができるということです。誰もがクリエイターやアーティストとして作品を販売することができ、また資産運用としても気軽に利用することができるようになります。

② NFTのデメリット

ここまで記事を読んでいただくとNFTにはデメリットはないように思えますが、NFTが注目されるようになってからまだ日が浅く世界が追いついていない部分もあるのが現状です。それによってもたらされるデメリットもしっかりと理解しておく必要があります。

NFTのデメリット

法整備が追いついていない
手数料が高い
物理的な所有ができない

法整備が追いついていない

NFTはブロックチェーンの登場により急速に発展した市場であり、まだ法律が整っていません。よって、詐欺などの被害に遭っても立件が難しい場合もあり得ます。また、所有権や著作権問題のトラブルをめぐってトラブルになる可能性も考えられます。

手数料が高い

NFTを取引する際に使用されるイーサリアム(ETH)は手数料が高いのが難点です。また作品を入庫する際や取引する際にもガス代と呼ばれる手数料がかかるため、注意が必要です。

NFTの取引を考えている人は手数料がどのくらいかかるのかも把握しておくことが重要です。

物理的な所有ができない

NFTはデジタルデータであるため物理的に所有しているわけではありません。そのため、価値が伝わりづらいという特徴があります。NFTを販売する際にはどのように所有してもらえるかもしっかりと考えて販売しないといけません。

5.NFTがもたらす未来

NFT市場の急拡大がもたらす先にはデジタル世界とフィジカル世界のコンバージェンス(融合)があります。つまり、デジタル世界ではこれまで価値を持たなかったものがフィジカル世界でも同一の価値をもたらすということです。

また、デジタル世界においてはアーティストやクリエイターたちの活動の場が広がります。NFTは絵画のみならず写真や楽曲、動画などに価値を生み出すことができます。また、それらはブロックチェーンによって守られ、二次流通による損害も食い止めることができます

Web3.0の時代の到来により、今後さらにNFT市場はさらに拡大していくことになるでしょう。法整備などの課題も多くの残されていますが、それらを乗り越えた先にはこれまでとは違った価値観が生まれる世界が見られるかもしれません。

↓↓Web3.0についてまとめた記事はこちら↓↓

まとめ

今回はNFTについてまとめてみました。NFTは今かなり注目されているワードではありますが、これまでのイノベーションが辿ったようにいったんは下落に転じることになるかと思います。しかし、その先に更なる市場の急拡大があり、NFTは今よりも盛り上がりを見せるでしょう。

それでは今回のまとめですが以下の通りです。

●NFTとは唯一性の証明された替えの利かないデジタルデータ
●NFTの取引には暗号資産(仮想通貨)が必要
●NFTの取引にはデメリットもしっかりと理解しておく必要がある

NFTについては下記の書籍でも詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました