Web3とはなに?暗号資産・メタバース・NFTとの関係は?

ビジネス
ねこ
ねこ

Web3って最近ちらほら聞くけど、Web2とか1とかもあるの?

こんにちは!くまねこ(@kumablo_life)です。

今トレンドワードの1つとしてWeb3(ウェブスリー)という言葉が注目を集めています。これは一過性のものではなく、今後インターネットにおいてとても大きなトピックとして扱われることとなるでしょう。

また、今注目されている暗号資産やメタバース、NFTとも関わりがあるものなので、その辺りも含めて基本的なところから解説していきます。

¥1,650 (2022/07/10 15:53時点 | Amazon調べ)

Web3(Web3.0)とは

Web3.0の特徴

Web3(Web3.0)とは、次世代インターネットと呼ばれ、分散型インターネットと言われています。

Web3が注目され始めたのは2021年後半であり、まだ明確に定義されていない部分はありますが、これまでのようにGoogleやMicrosoft、Amazonなどビッグ・テックと呼ばれる少数の企業に情報が集まるような状態ではなく、ブロックチェーンを活用して分散的に管理することができるインターネットのことです。

Web3という言葉自体はイーサリアムの共同創設者であるギャビン・ウッドによって作られました。

Web1.0の時代

Web1.0の仕組み

Web1.0とは1990年代半ばから2000年代初期までの時代のインターネットの黎明期を指します。

WWW(World Wide Web:ワールド・ワイド・ウェブ)の普及により、誰でも気軽にインターネット上のホームページを閲覧できるようになり、コミュニケーションツールとしてメールが活用されるようになりました。

HTMLによるテキストサイトと検索サイトが主流であり、現在と比較して情報発信者は圧倒的に少なく、SNSのように双方向のコミュニケーションではなく、情報を閲覧するだけといった一方通行的なコミュニケーションであったことが特徴として挙げられます。

Web2.0の時代

Web2.0の特徴

Web2.0とは、簡単に言うと「プラットフォームの時代」と呼ぶことができます。

FacebookやYouTubeなどSNSの普及により、専門知識を持たない人たちでも簡単に情報を発信をすることができるようになりました。これにより「いいね」やコメントなどで気軽に情報発信者と閲覧者が双方向でコミュニケーションをとることができるようになったのがWeb2.0の特徴だと言えます。

しかし、情報がプラットフォームを運営する企業(プラットフォーマー)に集約されるようになったことで、プラットフォーマーがサイバー攻撃などを受けてしまうと、多くの情報が漏洩、流出するなどプライバシーやセキュリティの問題なども指摘されています。

Web3が注目されるようになった背景

Web3は分散型インターネットと呼ばれています。

Web2.0の項目でも触れましたが、現在のWeb2.0ではプラットフォーマーによる中央集権型が情報管理が主流となっています。情報保全の安全性はプラットフォーマーに対して担保されますが、この管理方法では多くのデータが集中して管理されているため、情報の漏洩・流出が起きた際に多くのデータが外部へ漏れてしまいます。また、システムの不具合などが発生した際にもデータ全体に対して影響を及ぼします。

このようなリスクを回避するため、ブロックチェーンの技術を用いてデータを分散して管理するWeb3が注目されて始めました。

ブロックチェーンとはなにか

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、ビットコインの開発過程で生み出された分散してデータを管理する技術のことです。「ブロック」と呼ばれるデータの単位を鎖のようにつないで保管しているデータベースであり、ブロック1つ1つが暗号化されているため、設計上データ改変・改ざんに強いのが特徴です。

ブロックチェーンは管理者不在であり、データは参加者みなで保持・管理を行うため、一部で不正やエラーが起こっても全体への影響はなく、安全性が高いのも特徴の1つです。

また、ビットコインでは取引履歴を管理するための「お金の帳簿」でしたが、現在では任意の情報を載せられる機能が実装されており、様々な業種・分野で活用ができるようになりました。

↓↓ブロックチェーンの詳しい解説はこちら↓↓

Web3と暗号通貨・NFT・メタバースとの関わり

ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨、NFT(非代替性トークン)もブロックチェーン上で発行・流通される偽造不可な所有証明書つきのデジタルデータです。

とくにNFTについては個人のVRアートが高額で落札されたり、イーロン・マスクのTwitterのツイートが高額で取引されたりと2021年に入って非常に注目されています。

NFTの隆盛により、今後はクリエイターたちが活発に活動できる時代になってくることが予想できます。Web2.0から緩やかにWeb3へと時代が移行していくとともに、SNSのようなプラットフォームで活動していたクリエイターたちは、メタバース(ネットワーク上の3次元仮想空間)へと活動の場を移し、NFTもそこで流通・取引されるようになるでしょう。

このいわゆる「クリエイターエコノミー」を支えるのがWeb3の時代であり、データの管理責任はプラットフォーマーからエンドユーザーたちへ移行されるようになることが予想されます。

NFTはOpenSea(オープンシー)というマーケットプレイスで取引されていますが、取引にはイーサリアムの準備が必要です。

↓↓NFTについての詳しい解説はこちら↓↓

まとめ

Web3の時代に突入することにより、プラットフォームに依存していたインターネットの在り方が変わります。これにより新しい形のアプリケーションやクラウドサービスの登場なども予想されます。また、Web2.0でクリエイターの活動の幅が大きく広がりましたが、Web3はさらに新しい次元へと押し上げていくことでしょう。

それでは本記事のまとめですが、以下の通りです。

●Web3とは分散して情報を管理する新しいインターネットの形態
●情報の管理はエンドユーザーに引き継がれる
●Web3によりクリエイターの時代が訪れる

↓↓こちらの本でもWeb3について特集しているのでよかったら参考にしてみてください。

¥1,100 (2022/04/20 13:45時点 | Amazon調べ)

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました