【Web3】DAO(分散型自律組織)とは何か?基本からビジネスモデルまで徹底解説!

ビジネス
くま
くま

ブロックチェーンで運営される会社があるって聞いたんだけど?

こんにちは!くまねこ(@kumablo_life)です。

DAO(ダオ)という言葉を皆さんは聞いたことありますか? 最近、話題になっている言葉なので聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。2022年はDAO元年とも呼ばれ、今後さらに話題になってくるかと思います。

今回の記事ではDAOについて基本から解説していきます。

くまねこ
くまねこ

この記事では最新のDAOについて基礎から学ぶことができるよ!

DAO(ダオ・分散型自律組織)とはなにか?

D (Decentralize):分散した
A (Autonomous):自律した
O (Organization):組織

DAOとは、上記のように「Decentralized Autonomous Organization」の略であり、日本語に訳すと「分散型自律組織」となります。

まず、簡単に説明するとDAOとはブロックチェーンを活用した組織・コミュニティのことを指します。

ブロックチェーンを活用しているので、「管理者が存在しない」という大きな特徴を持っています。「分散型(Decentralize)」と言われるのはそのためです。参加するにはガバナンストークンを保有します。管理者が存在しないので、管理・意思決定は参加者(ガバナンストークンの保有者)全員の投票によって行われます

この投票はブロックチェーン上にあらかじめプログラムされたスマートコントラクトを通じて行われます。スマートコントラクトとはあらかじめ条件を設定し、条件が満たされた場合に自動的に実行されるプログラムのことです。投票結果を通じてスマートコントラクトが実行されるので「自律(Autonomous)」した組織と定義づけられます。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは、ロックチェーン上に条件設定を行い、その条件が満たされることで自動的に契約などが実行される仕組みのことです。

スマートコントラクトはよく自動販売機を例に用いて解説されます。自動販売機は「お金を入れる」「ボタンを押す」(トリガー)と、「ジュースが出る」(プログラムの実行)というように、スマートコントラクトもあらかじめ規定の条件が設定され、その条件を満たすとブロックチェーン上のプログラムが実行されます。

DAOは言ってみればスマートコントラクトの集合体であり、スマートコントラクトをもとに提案に対する投票が行われ、規定以上の得票によってプログラムが実行されます。もし、仮に提案を受け入れられないのであれば、新たなスマートコントラクトを提案し、ルールの実行の可否を組織・コミュニティに対して問えばよく、非常に透明性の高い組織運営が可能です。

これらのスマートコントラクトをもとにした提案と投票は、ガバナンストークンという仮想通貨を保有しているもの(参加者)のみが可能となっています。

↓↓ブロックチェーンの詳しい解説はこちら↓↓

↓↓トークンの詳しい解説はこちら↓↓

DAO(分散型自律組織)のメリットは?

DAOのメリットは下記の3つの通りとなっています。

DAOのメリット

誰でも参加することができる(公平性が高い)
透明性が高い
大きなリターンが期待できる

誰でも参加することができる(公平性が高い)

まず、管理者がなくヒエラルキー(階級・職位)が存在しないため、DAOは非常に公平性が高い組織・コミュニティと言えます。

また、DAOはブロックチェーンを使用するため、ネットに接続されている環境があれば世界中どこからでも参加することができます。

なお、ガバナンストークンさえ保有すれば誰でも参加できるので非常に公平性が高く、ガバナンストークンを保有する際には本人確認はいらないので匿名性も高いと言えます。

透明性が高い

DAOでのトランザクション(業務上の処理・取引)はすべてブロックチェーンに記録されるので、透明性は非常に高いと言えます。

通常の組織・コミュニティのように管理者が存在すると不正、改ざん、粉飾などが管理者主導のもとに行われる可能性は否めません。

大きなリターンが期待できる

DAOに参加するにはガバナンストークンの保有が必要です。このガバナンストークンはブロックチェーン上で取引されるので、DAOでのプロジェクトが社会的に大きく注目されるなどがあれば、ガバナンストークンの価格は大きく引きあがる可能性があります

保有している株価が上がるのと同じように大きなリターンを期待することができます。

DAO(分散型自律組織)のデメリット

DAOはブロックチェーンのメリットをそっくりそのまま受け継いでいると言えますが、もちろんブロックチェーンにデメリットが存在するようにDAOもブロックチェーン特有のデメリットが存在します。

DAOのデメリットは下記の通りです。

DAOのデメリット

意思決定に時間がかかる
民主主義制であること
法整備が追いついていない

意思決定に時間がかかる

ブロックチェーンの特徴として「合意形成に時間がかかる」という点があります。これはスマートコントラクトで行われるわけですが、参加者全てに承認作業を行うため意思決定までに非常に時間がかかります。DAOも同様に投票を行う際にもスマートコントラクトを使用します。つまり、DAOもブロックチェーン同様、投票に時間がかかってしまうというわけです。

組織・コミュニティにおいて意思決定にはスピード感が求められる場面が多々あります。しかし、投票を待って重要な意思決定に時間がかかってしまうとなると、これは大きなデメリットと言ってもいいでしょう。

民主主義制であること

DAOでの投票は参加者全員によって行われるため過半数を超える承認が必要となるわけですが、意見が割れることもあります。そうなると合意形成がなされずになかなか意思決定が進まないという致命的なリスクも抱えています。

また、ガバナンストークンを保有する際に本人確認は求められないという匿名性があり、意図的に人を集めてトークンを保有させ、意見を操作することも可能です。

こういった民主主義の仕組みがデメリットにもなりかねないのもDAOの特徴です。

法整備が追いついていない

これは時間の問題になるかと思いますが、ブロックチェーンでは法整備が追いついていないのが現状です。これはもちろんDAOも同様であり、例えば参加者の誰かの資産が盗まれた場合、誰が責任を負うのかいう問題など課題が多くあります

また、DAOは世界中どこにいても参加できることから、国によって法令も異なってくるので、これをどのように適用させるのかも課題となっています。

なぜDAO(分散型自律組織)が注目されるのか?

つい最近も前澤友作氏がDAOについてツイートしていましたが、Web3.0にDAOは欠かせないキーワードとなっています。DAOの登場により、組織・コミュニティの形態は大きく変わります。

例えば、身近な「組織」といえば企業です。企業にはCEOと呼ばれる最高責任者がいて、多くの人は企業に属して、CEOの経営方針に従って仕事に従事し賃金という形で労働対価を得ます。その対価の額は職位や職種、評価によって変わってくるわけですが、それが妥当なのか公平なのかというのは企業によって違ってくるわけです。特に評価となると、そこには「恣意的」な部分も加わってきます。これは多くの企業が課題としている部分でもあります。

もちろん労働対価の部分だけではありません。管理者(リーダー)が存在するということは、ある程度はトップダウンで経営方針が決まる部分もあり、それに末端の社員たちが異を唱えたとしても経営方針が覆る、あるいは転換されることはまずあり得ません。こういったトップダウン型の経営は内部で不正が行われていたとしても発覚しづらい傾向にあります。

しかし、これがDAOであれば、管理者が不在であり、かつ意思決定は投票によって行われるので恣意的な部分による不公平性の解消と、トップダウンによる不透明性の是正が見込めます。なおかつスマートコントラクトによる自走しながら利益を出し続けるという点においては、現時点で考えられる理想の組織形態といえます。

DAO(分散型自律組織)のビジネスモデル

現在、DAOがどのようなビジネスモデルとして活用されているか、実際の例を見ていきましょう。

事例① ビットコイン

皆さんご存知の仮想通貨ビットコインもDAOであり、最も完成されたDAOであると言われています。もともとブロックチェーンの仕組みもビットコインの開発時に生まれたものであり、管理者が不在でありながら、開発当初のプログラムで運営されています。

新たなブロックチェーンを生成するマイニング(承認作業)もしっかりと行われており、マイニングに参加する個人や企業(マイナー)にはしっかりと報酬が支払われています。

事例② Media DAO(メディアダオ)

MediaDAO
MediaDAO(メディアダオ)はかねりんを中心に集う有志で運営するDAOコミュニティ。Web3メディア『NFT NEWS Japan.』をメインコンテンツに、各種イベント、NFTのプロジェクト(進行中)を運営・実行しています。

Media DaoとはWeb3系のメディアをメインコンテンツとして提供するDAOです。通常このようなニュース系のメディアはマスコミや新聞会社などによる中央集権的な仕組みとなっているのですが、Media DAOは分散的な仕組みの中でコンテンツを提供する組織となっています。

事例③ UKRAINE DAO(ウクライナダオ)

Ukraine DAO
This is the Ukrainian flag 🇺🇦 1/1. Funds raised from this sale will be directed to helping the Ukrainian civilians suffering from the war initiated by Putin.

UKRAINE DAOとは、ウクライナの支援を目的としたDAOであり、暗号資産を通じてウクライナの支援団体に対して寄付を行なったり、情報提供を行なったりしています。開戦後すぐに設立され、1週間程度で日本円にして70億〜90億円規模の暗号資産での寄付が集まりました。

参加するとLOVEというトークンが配布され、UKRAINE DAOのチャンネルが閲覧できるようになります。

まとめ

Web3.0においてブロックチェーンの技術は、あらゆるイノベーションの中心になりつつあります。その中でもDAOは今後の組織・コミュニティの形を大きく変えるものと言えます。

組織というのは言ってみれば「個々の意識の集合体」であるわけですから、個々の連鎖は一様というわけにはいかず、意識の統合に大きく時間や工数を割くこともあります。しかし、スマートコントラクトを介在にすることにより、意識の統合は自動的に行われるので、組織はそこに時間や工数を割くことなく自走することができます。

それでは今回のまとめですが、以下の通りです。

● DAOとは分散型自律組織のこと
● DAOには管理者が不在でスマートコントラクトによって自走する
● DAOに参加するにはガバナンストークンを保有する

DAOの注目によりイノベーションが加速し、さらにより良い時代が来るといいですね。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました