ブログでペルソナは不要?ペルソナの必要性と設定方法を徹底解説!

SEO
くま
くま

ブログでペルソナって設定する必要あるの?

こんにちは!くまねこ(@kumablo_life)です。

ブログを始めると「ペルソナを設定しろ」ってよく聞くと思いますが、ペルソナと言われてもマーケティングをやっている人以外はなかなか馴染みのない言葉ではないでしょうか?

こちらの記事ではブログを初心者のために、「ペルソナってなに?」という基本的な部分から「ペルソナの設定方法を教えて!」という実践的な部分までわかりやすく解説します。

この記事でわかること

● なぜペルソナの設定が必要なのか
● ペルソナの設定方法
● ペルソナから検索キーワードを設定する方法

漫画で読むペルソナ設定について
ペルソナを作るってそういうことじゃないから・・・
くま
くま

ええ⁉︎ ペルソナを作るってこういうことじゃないの?

くまねこ
くまねこ

いや、ペルソナを物理的に作っちゃう人なんていないから・・・

じゃあ、今日はペルソナについて徹底的に解説していくよ!

メカくまねこ
メカくまねこ

カッ!!

1.ペルソナとは

ペルソナとは、商品を購入するであろう、あるいはサービスを利用するであろう架空のユーザーの人物像のことです。

商品やサービスはニーズがあって初めて成立します。誰にも必要とされない商品を開発しても、誰も買ってくれませんよね。

また、どういう人に使ってほしいのかわからないと、販売戦略や広報戦略も立てづらくなります。

誰に必要とされているのか、誰に使ってほしいのか、その「誰」を明確にして人格を与えたものがペルソナというわけです。

1-1 ブログにペルソナは必要か?

結論から言うと、ブログにおいてペルソナ設定は必要です。

なぜなら、ブログも商品やサービスを売り込むのと同じで、ニーズがなければなかなか読まれることはありません。そのニーズを持った人を想定するのが、ブログにおけるペルソナです。

ペルソナを設定することで検索キーワードを想定しやすくなり、記事が書きやすくなります。ペルソナと検索キーワードの関係は非常に重要なので、この後の項目で詳しく説明しますが、検索キーワードはペルソナから生まれると言ってもいいと思います。

このように誰に読んでもらいたいのか、ブログの記事の方向性を明確に決めるものがペルソナと言えるでしょう。

くま
くま

じゃあ、ペルソナは商品やサービスの”ターゲット”ってことでいいんだよね?

くまねこ
くまねこ

うーん・・・確かに似ているけど、「ペルソナ」と「ターゲット」は別なんだよなぁ

1-2 ペルソナとターゲットの違い

確かに「ペルソナ」と「ターゲット」は似ていますが、ペルソナを設定することとターゲットを設定することは、まったく意味が違います。

どのように違うのか、しっかりと意味を見てみましょう。

ペルソナとターゲットの違い

ターゲット:商品やサービスのマーケティングの対象となる実在する属性の集団
ペルソナ :商品やサービスの利用シーンで想定される架空
のユーザー像(個人)

▲このようにターゲットは実在の集団であり、ペルソナは架空の個人です。

そもそもターゲットとは商品やサービスを売り込むときに対象とする相手であり、ペルソナはターゲットを想定しやすくするために商品やサービスの設計段階で設定されるものなので、全く意味が異なることがわかります。

2.ブログでペルソナを設定するメリット

ブログでペルソナが必要であることは理解できたかと思いますが、ペルソナを設定することでどのようなメリットがあるのかみていきましょう。

ブログでペルソナを設定するメリットは下記の通りです。

くまねこ
くまねこ

多くの人に読まれる記事を書くためにはとても重要なことだね!

2-1 ユーザーファーストの記事が書ける

記事を多くの人に読んでもらうためには、読む人にとって有益な情報を書いてあげることが重要です。

でも、有益な情報とはどういうものなのか、人それぞれでなかなかわかりづらいですよね。だからこそ、ペルソナを設定する必要があるのです。

「こんなことで困っている人いないかな?」という風にペルソナを設定すると、その困っている人のための記事が出来上がります。

むしろ、ユーザーファーストの記事を書くためにはペルソナの設定は必須と言えるでしょう。

2-2 検索キーワードが設定しやすくなる

「こんなことで困っている人はいないかな?」という目線でペルソナを設定したら、そのペルソナがどんな検索キーワードを使って困っていることを調べるか考えてみましょう。

そのペルソナが使うであろう検索キーワードがその記事の検索キーワードです。

キーワードの設定方法については、この後の項目で説明していきます。

3.ペルソナの設定方法

それでは早速ペルソナの設定方法を見ていきましょう。

ここで説明するペルソナの設定方法はマーケティングにおけるペルソナとは違って、ブログでペルソナを設定する方法なので混同しないようにしてくださいね。

ブログでペルソナを設定するためのポイント

3-1 ペルソナを細かく設定しない

マーケティングにおけるペルソナでは細かい設定を求められます。ですが、ブログにおけるペルソナは細かい設定は不要です。

実際にブログではダメな例を見てましょう。

ブログのペルソナ設定の良くない例
会社員男性/33歳/既婚/子供2人/ランニングと登山が趣味/モバイル端末はAndroidを使用

▲一見すると具体的にユーザー像が想定されていて、とても良いペルソナのように見えますが、ブログではここまで設定する必要するありません。

あまりに情報が多すぎて、記事の内容が偏ってしまう恐れがあります。ブログでペルソナを設定する場合はもう少しざっくりと設定しましょう。

ブログのペルソナ設定の良い例
ブログでペルソナ設定は不要と思っているブログ初心者の男性

▲こんな感じで色々な人の顔が思い浮かびそうなペルソナがブログでは良いとされています。

これだとイメージを広げやすく、色んな人に当てはまりそうな記事が書けそうですね。このように1つの顔にこだわらないペルソナのことを「顔のないペルソナ」と呼びます。

細部にこだわらずざっくりとペルソナを設定しましょう。

3-2 検索キーワードから逆算する

さて、ペルソナが決まったら、検索キーワードを設定していきます。

検索キーワードの設定方法は簡単です。そのペルソナがどんな言葉で困りごとを解決するか、想像しましょう。

ペルソナ
ブログではペルソナ設定が不要だと思っているブログ初心者の男性

➡︎検索キーワード「ブログ + ペルソナ + 不要」
➡︎検索意図「ブログでペルソナの設定は不要かどうかの正当性を求めている」

▲例えば、こんな感じでペルソナから検索キーワードを設定してみます。

その検索キーワードはそのまま記事に使わずに、どういった意図でその検索キーワードが使われるか検証します。これを「検索意図」と呼びます。この検索意図とペルソナの考える思惑が一致するかどうかを考えます。

もし、一致していたら設定したペルソナは問題ありませんが、一致しない場合にはペルソナか検索キーワードに問題があるので見直しをしましょう。

検索キーワードの設定方法については下記の記事で詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

3-3 困ったら身近な人間で設定する

ペルソナ設定で困ったら身近な人間を設定するのも有効的な方法です。

とくに自分で困った経験から記事にする場合は、過去の困っていた時の自分をペルソナとして設定するのも良いと思います。

自分がその時、どのようにして困っていたことを解決したのか、そういった経験は記事においてとても有益な情報となります。

ペルソナ設定に困ったら、家族や友人、自分などをペルソナとして設定してみてください。

4.ペルソナの効果測定をする

ペルソナを設定したら、あとは記事を執筆して公開しましょう。

記事を公開したら設定したペルソナでどれくらいの検索順位にいるかを計測します。ただし、検索順位が安定するまで2〜3ヶ月ほどかかるので、焦らず待ってから効果測定を行ってください。

効果測定を行ったら、結果によってはペルソナの見直しや記事の構成を見直しを行い、さらに有益な記事にしていきましょう。

ブログ記事の書き方については、下記のページで解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

まとめ

ブログの収益化を目指すならペルソナの設定は必須です。ペルソナマーケティングはオワコンなんて言われ方もしますが、それはあくまでSNSマーケティングやオウンドメディアを利用した上での話であり、ユーザーファーストで書かれるべきブログでは絶対に必須だと個人的には思います。

それではこちらの記事のまとめですが下記の通りです。

●ペルソナ設定は必須
●ペルソナとは架空のユーザー像のこと
●検索意図をしっかりと理解する

こちらの記事が皆さんのブログライフの参考になれば嬉しく思います。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました