【ブログ初心者向け】ブログで行うべきSEO対策の基本とは?

SEO
くま
くま

やっと記事を書き上げたのに誰も見てくれない・・・

どうしたら検索上位にできるのかな?

こんにちは!くまねこ(@kumablo_life)です。

せっかく頑張って記事を書いたのに「なかなかユーザーが訪問してくれない・・・」なんていうことはありませんか?

ブログの記事は読者に満足してもらうために作り込むことはもちろんですが、その前にSEO対策についてしっかり理解しておかないとなかなかサイトへの訪問数は増えません。

今回はブログを始めたばかりの初心者向けに、最初に覚えておきたいSEO対策の基本について解説していきます。

くまねこ
くまねこ

この記事ではブログで行うべきSEO対策について学べるよ!

SEOとは何か

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、簡単にいうと検索エンジン最適化ということになります。

皆さんも日々Googleなどの検索エンジンを使用して欲しい情報を調べているかと思いますが、検索結果にたくさんのサイトが上がってきていますよね? その中でも検索一覧の上位にはおおむね検索したキーワードと合致したWebページが出てきているかと思います。これがSEOです。

つまり、SEO対策とはWebサイトの評価を上げて検索上位に表示される対策のことを言います。

SEO対策を行うにはしっかりと検索エンジンの仕組みを理解していないといけません。

検索エンジンの仕組みを理解しよう

それでは検索エンジンの仕組みから理解していきましょう。検索エンジンの仕組みは、主に「クローリング」「インデックス」「ランキング」で構成されています。

クローリング

クローリングの図解

インターネット上ではクローラーと呼ばれるAIがインターネット上を巡回しています。この巡回作業が「クローリング」です。

たとえば、ブログ記事を書き終えて公開したからと言ってすぐに検索エンジンに反映されるわけではありません。世界では1日に数えきれないほどのWebサイトやWebページが立ち上がっているわけですから、その中からクローラーにいち早く見つけてもらう必要があります。

クローラーに早く見つけてもらう方法としては、Google Search Console(サーチコンソール)の「URL検査」があり、能動的にクローラーを呼び込むことができます。

「URL検査」の実施方法

タイムラインのタイトル
  • Step1
    Google Search Consoleにログイン

    こちらからログイン

  • Step2
    「URL検査」をクリック
    URL検査をクリック
  • Step3
    ページのURLを入力してEnter
    URLを入力する

インデックス

インデックスとは、クローラーの巡回によって確認されたWebページが検索エンジンに登録されることです。インデックスに登録されて初めてWebページの検索結果に表示されます。

ただし、クローラーが巡回したからといって、必ずインデックス登録されるというわけではありません。「他にも同じようなページがある」「内容が薄い」などを理由にインデックス登録されない場合もあります。

インデックス登録されているか確認したい場合は下記の方法で確認できます。

Google Search Consoleでインデックス登録を確認する

サーチコンソールのURL検査で確認する

インデックス登録はGoogle Search Console(サーチコンソール)で確認することができます。URL検査で確認したURLを入力すると登録結果が表示されます。

Googleでインデックス登録を確認する

Googleでインデックス登録を確認する

Google検索に「site:」+ウェブサイトのURLを入力して検索すると、おおよそのインデックス登録が確認できます。

site:https://〇〇〇〇.com(サイトのURL)

ランキング

検索エンジンランキングの仕組み

ランキングとは、インデックス登録されたコンテンツがGoogleによって評価づけをされてスコアリングされることです。これによって検索順位がつけられ、優良なコンテンツは上位に表示されるようになります。

Googleのスコアリングの基準

Googleのスコアリングの基準はとてもシンプルで、下記の3つのポイントが重要となってきます。

● 検索キーワードと合致するページ
● わかりやすいページの作成
● 被リンクの獲得数

他にもGoogleのウェブマスター向けガイドラインにヒントが記載されています。ぜひ参考にしてみてください。

くま
くま

他にも検索エンジンはあるのになんでGoogleを基準にするの?

くまねこ
くまねこ

Google検索の仕組みはYahoo!なんかの検索エンジンの仕組みにも使われているんだよ!

だから、Google対策しておくことで他の検索エンジンでのSEO対策になるんだ。

外部SEOと内部SEO

検索エンジンの仕組みが理解できたら、今度はSEO対策を実施するための整理をしていきましょう。SEO対策のための施策は、主に外部SEOと内部SEOに分けられます。外部SEOと内部SEOそれぞれでやることが変わってくるので、ブログを始めたらすぐに対策しておきましょう。

外部SEOとは

外部SEOとは、外部のサイトからリンクを増やすためのSEO対策のことです。なぜ、外部リンクを増やすことが重要なのか、これは「Googleが掲げる10の事実」にも書かれています。

4. ウェブ上の民主主義は機能する。

Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。この手法なら、新しいサイトが増えるたびに情報源と投票数が増えるため、ウェブが拡大するにつれて効果も高まります。また Google では、多くのプログラマーの力の結集によって技術革新が進むオープンソース ソフトウェア開発にも力を入れています。

Googleが掲げる10の事実

マーカーの部分を見てもらえればわかるかと思いますが、リンクされることが投票だとGoogleは解釈して、素晴らしいサイトなのかどうかを判断すると語っています。

つまり、外部リンクを増やすことが直接SEOに結びつくというわけです。

内部SEOとは

内部SEOとは、サイト内部に対して行うSEO対策のことです。サイトマップを作成してクローラーにクロールされやすくしたり、読者がサイトの閲覧をしやすいようサイトを構築したり、モバイル端末でも見やすくするなどサイトの内部構造に対して行う対策のことです。

具体的には下記の対策が当てはまります。

●サイトマップの作成
●パン屑リストの作成
●サイト構造の最適化

ユーザービリティを向上させることでWebサイトの評価が上がるので、内部対策はしっかりとやっておく必要があります。

なぜSEO対策をしなければならないのか

もし、ブログの収益化を目的としている場合、Webサイトのアクセス数が増えることはとても大きなメリットです。SEO対策はアクセス数を増やすための対策です。

SEO対策のメリット

アクセス数が拡大することで記事で紹介しているの商品・サービスの購入・利用につながる
アクセス数が増えることで競合のWebサイトよりも優位性が上がる

多くの人がWebサイトに訪問してくれれば、当然記事で紹介している商品やサービスの購入・利用の機会が多くなります。しかし、競合のWebサイトがあると、アクセスが流れてしまい、商品の購入、サービスの利用をしてもある機会が減ってしまいます。

競合のWebサイトよりも優位に立つためにはしっかりとSEO対策をしておく必要があります。

SEO対策をしよう

それでは実際にどのようにすればいいのか、SEO対策の具体的な対策方法を見ていきましょう。

独自ドメインの取得

対策として掲げていますが、独自ドメイン自体にSEOに有利な効果はありません。しかし、独自ドメインはWebサイトを移行しても解約さえしなければ、それまでのドメインの評価を引き継ぐことができま

無料ブログで運用する場合、割り振られたドメインのSEO評価は無料ブログの運営側に委ねられてしまいます。また、無料ブログ自体がサービスを終了してしまった場合、それまでのドメインの評価は全てなくなってしまいます。

独自ドメインの取得はSEO対策を行なっていく上でのリスクヘッジと考えてください。

↓↓独自ドメインの基本的な解説はこちら↓↓

XMLサイトマップの設置

サイトマップとはWebサイトの全てのページをリンクしたページのことです。Webサイトを訪れたユーザーがサイト内で迷った時に参照するためのものですが、それよりもWebサイトの構造をわかりやすくする方が訪問者に有利となるのでサイトマップの作成自体は意味がありません。

そのためSEO対策としてはXMLサイトマップを作成します。

●XMLサイトマップとは?

XMLサイトマップとはWebサイト内の各ページのURLや更新日、更新頻度、優先度を記述したファイルのことです。クローラーはXMLサイトマップに記述されているURLを参考にクロールします。

WordPressを使用している場合、サイトマップはXML Sitemapsというプラグインで簡単に作成できます。

↓↓XMLサイトマップの詳しい作成方法↓↓

適切なキーワード設定

アクセス数を増やすには適切なキーワード設定が重要です。キーワードは「検索数」を参考にするのも大事ですが、「記事との関連性」も考慮して選びましょう。

↓↓キーワードについて記事はこちら↓↓

キーワードの検索意図を理解して、またペルソナを設定するのも重要です。

↓↓ペルソナについての詳しい記事はこちら↓↓

質の高い記事を書く

記事には画像を入れると分かりやすい分かりやすい

ここでいう質の高い記事とは、読者にとってわかりやすい、読みやすい・見やすい記事のことです。例えば、「文章は結論から書き始める」「画像を使う」「スペースを入れる」などの対策をすることで、読者の離脱を防ぐことができ、ひいてはアクセス数の増加につながります。

↓↓ブログの記事の書き方についてはこちら↓↓

alt属性(代替テキスト)を記載する

alt属性の記入箇所

alt属性(代替テキスト)は、検索エンジンに対する画像の説明にあたります。検索エンジンは画像を認識することができないので、画像を使用する場合は「alt属性」を使用してあげます。

例えば、上記の画像の場合、「alt属性の記入方法」と記載しておくと、検索エンジンは「alt属性の記入方法」を解説している画像だと認識できます。

メタディスクリプションの記入

メタディスクリプションの表示箇所

メタディスクリプションは記事の内容を説明する部分です。わかりやすく書くことでアクセスの増加が見込めます。画像のように必ずしも自分が設定した内容が検索結果に表示されるわけではありませんが、必ず記載しておきましょう。

メタディスクリプションの記入箇所

メタディスクリプションの記入箇所は記事の投稿画面の下部にあります。記入する際には必ず検索キーワードも含めておきましょう。

内部リンクの設置

内部リンクとはページ同士をつなぐリンクのことです。設置することでクローラーが巡回しやすくなりますので、インデックス登録されやすくなります。関連性のある記事をブログカードを使用して、内部リンクでつなげていきましょう

また関連性のある記事をつなげておくことで、ユーザビリティも高まります。

サイトの高速化

Webサイトの読み込み速度はSEOにとってとても重要です。Webサイトの読み込みが遅いと、ユーザーはそれだけで離脱してしまいます。また、Googleも10の事実で「遅いより速いほうがいい」とはっきり明記しています。

画像のサイズは大きければ大きいほど鮮明になりますが、その分サイトを表示する速度が遅くなります。画像のサイズを落とすなどしておきましょう。

Webサイトを高速化する場合、画像を圧縮するなどの方法がありますが、WordPressの場合、プラグインを使えば簡単に対応することができます。

EWWW Image Optimizerというプラグインが一般的に使われているのでおすすめです。

まとめ

ブログで行うべきSEO対策はいかにクローラーが巡回しやすくするのかというのと、いかにユーザーファーストで記事を作成するのかというところに尽きるかと思います。

●ブログでSEO対策は必須
●外部SEOと内部SEOの対策をしっかりと行う
●クローラービリティとユーザビリティの視線で対策する

ぜひ、今回の記事を参考にしていただけると嬉しく思います。

SEO対策におすすめの本

「SEOとは何のためにあるのか?」「SEOの仕組みとは?」など初心者が押さえておくべきポイントについて楽しく学ぶことができます。フルカラーで読みやすいのでSEOについてまだあまり知識のない方は読んでおいて損はない一冊です。

¥1,628 (2022/02/28 13:52時点 | Amazon調べ)

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました