【ブログ初心者向け】XMLサイトマップの作成方法 XML Sitemap & Google Newsの設定方法も紹介

SEO
くま
くま

SEO対策を勉強してたらサイトマップを作れって書いてあるんだけどどうすればいいの?

こんにちは!くまねこ(@kumablo_life)です。

ブログって簡単に始められるけど、いざ始めてみると結構わからないこともでてきますよね。いきなりサイトマップを作れって言われても戸惑う方も多いのではないかと思います。

こちらの記事ではブログのSEOで必要なXMLサイトマップの作成方法についてわかりやすく解説していきます。

くまねこ
くまねこ

この記事ではXMLサイトマップの概要から作成方法までがわかります。

すぐに作成方法を知りたい方はこちらをクリック

そもそもサイトマップとは何か

サイトマップの画像

サイトマップとは、Webサイト内のすべてのページのリンクを一覧にして、地図のように記載したページのことです。

サイトマップは、検索エンジンやユーザーに対してWebサイト全体の内容をわかりやすく伝えるために作成されます。

検索エンジン向けに作成するXMLサイトマップと、ユーザー向けに作成するHTMLサイトマップの2種類があります。

XMLサイトマップとは

当サイトのXMLサイトマップサイトマップ
当サイトのXMLサイトマップ

XMLサイトマップとはWebサイト内の任意のページのURLや更新日、更新頻度、優先度を記述したファイルのことです。

一般的には上の図のようにXMLファイル(データのやりとり・管理を簡単にするために使われるマークアップ言語で書かれたファイル)で一覧で記載されます。

XMLサイトマップは通常WEBサイトのトップぺージのディレクトリ内にアップロードされ、一般的に目に触れるものではありません。

検索エンジンのクローラーは、XMLサイトマップに記述されているURLを参考にクロールするため、SEO対策の一環として設置されます。

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップのサイトマップの例
当サイトのHTMLサイトマップ

HTMLサイトマップとは、Webサイト内全体のコンテンツをカテゴリーごとにリスト形式で整理・表示した一覧ページのことです。

ユーザーがWebサイト内で目的のページを見つけるため、あるいはユーザーがWebサイト内で迷わないようにするために設置されるものです。

HTMLサイトマップは直接SEO対策には関係ありませんが、ユーザビリティの向上という意味でサイトの質の向上が見込めます。

なぜXMLサイトマップが必要なのか

XMLサイトマップとは、検索エンジンのクローラーにWebサイトの中身を分かりやすく伝えるためのものです。新規に公開した記事やリライトで更新した情報をいち早く検索結果に表示させるのに役立ちます。

検索エンジンのクローラーは自動で回ってきますが、新規に公開した記事や階層が深いページはクローラーには検索されづらいため時間がかかります。そのため、クローラーに発見してもらいやすくするためにXMLサイトマップを送信してあげるというわけです。

XMLサイトマップはクローラビリティ(クロール対策)という観点からSEOにとって非常に重要な対策と言えます。

XMLサイトマップの作成方法

XMLサイトマップの作成方法となると難しく考える方もいらっしゃいますが、ワードプレスであればプラグインで簡単に作成することができます。

手順は以下の通りです。

XMLサイトマップの作成手順

手順① XML Sitemap & Google News(プラグイン)をダウンロードする
手順② XML Sitemap & Google Newsの設定を行う
手順③ XMLサイトマップを送信する

注)他のサイトで紹介されているXML Sitemaps(旧:Google XML Sitemaps)は、2022年4月6日で公開を停止しています。

手順① XML Sitemap & Google News(プラグイン)をダウンロードする

  • Step1
    WordPressの管理画面でメニュー「プラグイン」をクリック
  • Step2
    「新規追加」をクリック
    新規追加をクリック
  • Step3
    検索窓に「XML Sitemap & Google News」と入力して検索
    検索キーワードを入力
  • Step4
    「今すぐインストール」をクリック
    インストールをクリック
  • Step5
    「有効化」をクリック
    有効化をクリッククリック

手順② XML Sitemap & Google Newsの設定を行う

  • Step1
    WordPress管理画面のメニュー「設定」→「表示設定」をクリック
    ワードプレス表示設定をクリッククリック

    「XMLサイトマップの有効化」の項目で、「XMLサイトマップインデックス」にチェックが入っていることを確認。

    XMLサイトマップにチェック

    チェックが入っていなかったらチェックを入れて、「変更を保存」をクリック

  • Step2
    WordPressの管理画面でメニュー「設定」→「XMLサイトマップ」をクリック
    XMLサイトマップをクリック
  • Step3
    「投稿タイプ」の設定
    投稿の設定

    ● 分割:「年」→「月」

    ● imageタグを付加:「添付画像」に変更

    ●「変更を保存」をクリック

  • Step4
    「タクソノミー」の設定
    タクソノミーの設定

    ● 「タクソノミーを含める」:チェック

    ● 優先度:「0.5」に変更

    ● 「優先度を自動計算する。」:チェック

    ●「変更を保存」をクリック

  • Step5
    「Author」の設定
    Authorsの設定

    ● 「Include authors」:チェック

    ●「変更を保存」をクリック

手順③ XMLサイトマップを送信する

  • Step1
    Google Search Consoleにログイン

    Google Search Consoleにログインします。

  • Step2
    「サイトマップ」をクリック
    サイトマップをクリック
  • Step3
    「sitemap.xml」と入力して送信
    Site map.xmlと入力して送信

まとめ

今回はSEO対策の一つであるXMLサイトマップについて解説しました。XMLサイトマップの設置はクローラビリティで非常に重要な対策です。まだ作成されていない方はぜひ参考にして実践いただけると嬉しく思います。

それでは今回のまとめですが以下の通りです。

●XMLサイトマップの設置はクロール対策
●XMLサイトマップの作成はプラグインで行う
●プラグインの「XML Sitemap & Google News」を使用する

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました